口の中の異物感や取り扱いに注意が必要

使い始めは違和感があるので顎が疲れやすい

ナイトガードはプラスチック製のものがほとんどで、ハードタイプのものですと、最初は少々違和感を覚える方が多いと思います。
そのため、最初はソフトタイプのナイトガードを使用される方もいらっしゃるかもしれません。しかしソフトタイプは耐久性に欠けるところがあるので、長期的には利用は難しいでしょう。
この違和感にも個人差があるので、どれくらいで慣れるかは定かではありませんが、大体1~2週間くらいは違和感を感じ、顎も疲れやすいのではないでしょうか。
また、プラスチックという性質上、熱に弱いため煮沸消毒は避け、水洗いにしたほうが良いと思います。しかしずっと水洗いでは雑菌の繁殖が気になるので、洗浄剤を使ったりして衛生面に気をつけなければならない、という手間もかかります。

定期的なメンテナンスが必要

ナイトガードは一度作ればずっと使えるものというわけではありません。
歯ぎしりや食いしばりなどで歯や顎に掛かる負担を一手に引き受けているわけですから、当然劣化していきます。
壊れてしまってからでは作り直す以外にないので、数ヶ月に一度位はメンテナンスをして貰う必要があるのです。
歯ぎしりや食いしばりの症状の度合いにより、ナイトガードの劣化の仕方には差が出ますが、症状がひどい方は半年に一度は作り直さなければならない場合もあるようです。
一般的なナイトガードの耐用年数は、2~3年と言われており、長ければ3~4年使い続けられる方もいます。そういう方であれば、それほどのコストはかかりませんが、半年に一度のペースで作り直していけば、相当のコストがかかってくるでしょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top