歯ぎしりや食いしばりが起きる原因やナイトガードの目的とは

夜間の歯ぎしりや食いしばりに効果的

ナイトガードにより、睡眠中の歯ぎしりや食いしばりに効果があるということはある程度理解されています。
しかし実際に自分が歯ぎしりしているかどうか、人から言われただけでは信用できないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。歯ぎしりや食いしばりは無意識下で行われているものなので、本人も納得しない限り、治療の効果も半減してしまいます。
歯ぎしりをしていなければナイトガードには何の痕跡も残らないはずなので、納得するためにも一度ナイトガードをつけてみることが必要だと思います。
そしてナイトガードに何かしらの傷がついていれば、どれくらいの負荷が自分の歯にかかっていたかは一目瞭然になります。
本人が納得したほうが、ナイトガードの必要性も理解できますし、ご家族も、歯ぎしりというあの嫌な音から開放されるというわけです。

ソフトタイプとハードタイプがある

ナイトガードにも実は2種類あります。
一つはスポーツ用のマウスピースによく使われるゴム製の柔らかいソフトタイプ、もう一つはレジンと言われる素材を固めたハードタイプのものになります。
どちらが歯ぎしりや食いしばりに効果があるかと言われれば、ハードタイプになりますが、初めてナイトガードを装着するのであれば、ソフトタイプのほうが違和感なくつけられると思います。
しかしソフトタイプのナイトガードは、どこまでも噛みこむことが出来るので壊れやすいというデメリットがあります。スポーツ時など短時間だけ利用するのであれば問題ないのですが、睡眠中ずっと、しかも歯ぎしりや食いしばりは体重の何倍もの負荷がかかると言われています。最初は良いですが、慣れたらハードタイプのナイトガードを使われることをお勧めします。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top